女子バスケットボール部

女子バスケットボール部紹介(PDFファイル)

 

 

 

上の「CLICK」を押してください

 

男子バスケットボール部2022年始まりました

男子バスケットボ―ル部2022年始まりました

PDFファイル

↑上のタイトルをクリックしてください

バスケットボール部男子の活躍

バスケットボール部男子の活躍

男子バスケットボール部フェニックスカップ

男子バスケットボール部リーグ戦第4節

男子バスケットボール部市豊田内大会2021

↑ PDFファイル

上のタイトルをクリックしてください

男子バスケットボール部AAC2021二次トーナメント試合結果

【ALL AICHI CHAMPIONSHIP2021二次トーナメント】

VS春日井南(名北地区代表) 70-66 豊田高校勝利

 

県大会の雰囲気にのまれ、豊田高校らしいバスケットが展開できず、相手の勢いに圧倒され6-18と大きくリードを許す。苦しい立ち上がりを引きずったまま12点ビハインドで前半を折り返す。気持ちを切り替え、チームディフェンスとインサイドで粘り強く勝負し、徐々に点差が縮まる。6点ビハインドでむかえた第4ピリオド、#5亮哉のスリーをきっかけに豊田高校に波が傾く。その後、一進一退のまま残り1分に突入。#5亮哉が右コーナーから勇気を持ってスリーを放つ。リングに吸い込まれるように決まり勝負あり。一試合を通じリバウンドを取り続け、ゴール下で体を張り続けたセンター陣が勝利の立役者。見事な逆転勝利であった。(チームスコアハイ 21得点 #6旺祐)

 

 

VS名古屋高校(名北地区代表) 55-88 豊田高校敗北

 

序盤から互いにターンオーバーが多い、ロースコアの展開。チームディフェンスで何とかくらいつくが、ゴール下のシュートが相手の高さにことごとく阻まれる。それでも#7結斗の強気なゲームメイク、#5亮哉、#9琉太のスリーで応戦。25-32の7点ビハインドで折り返す。#4光がケガのアクシデント。コートにいない間に点差が離れていく。そんな中、絶不調であった#11大彰が果敢なドライブからファールをもらい本来の姿を取り戻す。(フリースロー12分の11本、チームスコアハイ13得点)最後まで、戦い抜くが県8位シード校の壁は分厚く高いものであった。

県大会での勝利と敗北から多くの経験値を得ることができた。生徒たちが、それをどう感じ、次にどう繋げていくか楽しみである。

ソフトテニス部 目次

〇 御覧になりたい記事をクリックしてください。

男子ソフトテニス部紹介

ソフトテニス部男子 R3総体予選結果

        ソフトテニス部男子 R3豊田市民総体結果

        ソフトテニス部男子 R3新人戦結果

 

女子ソフトテニス部紹介

女子ソフトテニス部新人体育大会個人(’20)
女子ソフトテニス部全三河大会西三予選入賞(’20)
女子ソフトテニス部 新人戦 県ベスト16(’19)
女子ソフトテニス部 全三河大会本戦へ(’19)

男子バスケットボール部 ACC一次トーナメント試合結果

【ALL AICHI CHAMPIONSHIP一次トーナメント】

緊急事態宣言が明け、待ちに待った対外試合。久々の試合に緊張しつつも、気合い十分で臨みました。改めて、バスケットボールの楽しさを肌で感じ、試合ができることに感謝しました。10月2日、3日のAAC一次トーナメントの結果は以下の通りです。

 

VS科技高トヨタ 87-36(豊田高校勝利)

立ち上がり、積極的なチームディフェンスからオフェンスリズムを掴み、#4光の力強いリバウンド、ゴール下シュート、#5亮哉の3Pシュートと一気に奪取。交代したベンチメンバーも各々の役割を確実に果たし、流れを相手に渡さない。久々の実践でミスこそ多かったが、それをも上回るファイトが大きな勝因であろう。

 

VS加茂丘 105-62(豊田高校勝利)

#4光、#7旺祐のインサイドでアドバンテージを取る。相手もインサイドにトラップを仕掛けるも、インサイドアウトから#5亮哉が3Pシュートを沈める。この勢いのまま試合を運びたいが、相手3年生の最後の大会に掛ける想いの強さに押される場面が多かった。この大会で進化を続ける#7旺祐のリバウンドと安定感のある得点に助けられオフェンスの流れを渡すことなく試合終了。ディフェンスがまだまだ甘い・・・。多くの課題が見つかった。

 

Gブロック決勝 VS松平 88-61(豊田高校勝利)

ブロック決勝。勝てば同大会3年連続県大会出場がかかる大事な試合。それぞれが自分の仕事を一心にやりきること、チームの約束事を守ることで良い波を引き寄せることができるはず!しかし、この日は前日と打って変わって、まるで別チームのよう・・・。迷いばかりでうまくいかず、更には、相手の#10、#6の気迫あふれる1on1にリードを広げられていく。前半終わって30-33、3点ビハインド。

後半、気持ちを切り替え、ディフェンスシステムを修正。#8の結斗のアグレッシブなディフェンスからテンポの良いオフェンスに繋げていくことで、徐々に豊田高校らしさを取り戻していく。圧巻だったのは、3ピリ残り5分からの#11琉太の3本の3Pシュート含む11得点。逆転、更には突き放すことに成功。最後はベンチメンバーの#14幹季の2連続3Pシュートで最高潮の雰囲気でゲームセット。後半、息を吹き返すきっかけづくりをしたベンチメンバーの必死な声援が、印象的な試合であった。

コートでプレーをするだけが仕事ではない。チーム力で勝ち取った県大会出場は見事であった。

県大会も豊田高校バスケ部らしく頑張ります!応援よろしくお願い致します!

第100回全国高校サッカー選手権愛知県大会 西三河支部予選結果報告

PDFファイル

サッカー選手権支部予選結果

↑上のタイトルをクリックしてください

ハンドボール 部女子 紹介 

【方針】

応援されるチーム チームワークを大切に大会で2勝を目指す。

【活動日数・活動場所】

活動日数 週6日

活動場所 平日 グラウンド     休日 体育館

 

【主な年間スケジュール】

主な年間スケジュール
4月    豊田市内大会
4・5月  高校総体 西三河支部大会
高校総体 愛知県大会
7月    愛知県選手権大会 西三河支部
8月    愛知県選手権大会 県大会
西三河地区大会
9月    豊田市長杯
11月   新人戦 西三河支部
12月   豊田市1年生大会
新人戦 県大会
1月    豊田市ウィンターカップ
2月    全三河1年生大会

 

男子ハンドボール部

豊田高校男子ハンドボール部の横断幕には「百花繚乱」という言葉が書かれており、一人ひとりがそれぞれにふさわしい花を咲かせ、「応援してくださる人を感動させたい」という気持ちが込められています。県大会で勝てるチームを目指して日々練習に励んでいます。

 

【年間大会予定】

4月上旬  豊田市内大会

4・5月  総体西三河予選・県大会

7・8月  選手権西三河予選・県大会

8月下旬  西三河選手権

9月中旬  豊田市協会長杯

11・12月  新人戦西三河予選・県大会

12月中旬  豊田市内1年生大会

1月下旬  豊田市内大会

2月上旬  全三河1年生大会

 

【練習日】 週6日

平日:グラウンド練習

休日:体育館練習、練習試合 など

 

【近年の主な大会成績】

R1

総体西三河予選  第5位

→県大会ベスト16

西三河選手    第7位

R2

新人戦西三河予選 第4位

→県大会ベスト16

R3

愛知県選手権西三河予選(7月)・西三河選手権(8月) 試合結果

男子ハンドボール部 試合結果

PDFファイル 上のタイトルをクリックしてください

 

 

華道部

華道部紹介

華道部は月に1、2回活動しています。活動日が少ない分、部員は複数の部活動を兼部したり、個人の習い事に取り組んだりして、様々な活動に力を注いでいます。

華道教師の宮澤先生(小原流)のご指導の下、部員たちは熱心に楽しくお花を活けています。普段は季節ごとのお花を通常の花器に活けていますが、クリスマスのアレンジメントやお正月の飾り、文化発表会の際の大きな作品などにもチャレンジしています。

申請すればお免状もいただくことができます。男女の制限はありません。ぜひ一緒にお花を活けてみませんか。

写真は、令和3年度豊高フェスティバルでの発表作品と作成風景です。June Brideをイメージして白いお花を中心に活けた「White Flowers」という作品です。